「吹割の滝」を知ろう

知ればもっと楽しくなる!東洋のナイアガラが群馬にある!?

吹割の滝ふきわれのたき)は、群馬県沼田市利根町に位置し、別名「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる日本を代表する名勝です。なぜ「東洋のナイアガラ」と呼ばれているのでしょうか。単に滝というと、山の高いところから流れ落ちるものを想像しますが、吹割の滝の落差は7mしかありません。では、下の写真をご覧ください。

吹割の滝

そうです!吹割の滝はナイアガラの滝と同様、横になが~い、珍しい滝です。落差約7メートル、横幅約30メートルにも及ぶ、ダイナッミックな滝で、まるで大地が裂けたかのような大岩から、ごうごうと水しぶきを吹き上げ流れる様はまさに大迫力です。さらに異世界へワープしたような感覚にさえなる吹割渓谷も圧巻の眺めです。

吹割渓谷の紅葉

吹割渓谷の紅葉

吹割の滝

上から見下ろす珍しい滝


国指定天然記念物、名勝に指定

吹割渓ならびに吹割瀑

吹割の滝は、「吹割渓ならびに吹割瀑」として1936年(昭和11年)12月16日に国指定天然記念物、名勝に指定されました。「凝灰岩(ぎょうかいがん)とその浸食地形ならびに渓谷美」が着目され、文化庁(旧文部省)によって登録されました。文化庁によると、天然記念物とは「山岳等の名勝地で我が国にとって芸術上または鑑賞上価値の高いもの」「植物及び地質鉱物で我が国にとって学術上価値の高いもの」(一部抜粋)と定義されています。

900万年前の噴火によってできた

吹割の滝は、溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)と呼ばれる岩石からできています。この岩石は900万年前の火山の噴火に伴って冷え固まったもので、その後長い長い年月をかけ浸食を繰り返し、現在の形になったのはおよそ1万年前とされています。

 

整備された遊歩道を越えた先に、900万年前にできたとされる凝灰岩の上を実際に歩くことができます。ゴツゴツしていて歩きにくいですが、ぜひ歩いて、触れて、地球の割れ目に立っているかのような感覚を体感してください。

天然記念物指定区域は、31.8ヘクタールにも及びます。


ふきわれの滝 名前の由来

吹割の滝

三方向から流れ込む吹割の滝

さて吹割というのは、地図にある地名ではありませんが、地元の私たちは吹割の滝のある沼田市利根町追貝周辺を指して単にふきわれと呼んだりします。「吹割の滝」の名前の由来は、この特徴的な地形の見た目からきています。

片品川の清流が凝灰岩・花崗岩を侵食し、川底に多数の割れ目をつくりだした形が、あたかも巨岩を吹き割れたようにみえること、その巨大な岩が吹き割れたところ三方向から流れ込む大量の河水が滝壺に跳ね返り、吹き上げる様子から名づけられたと考えられています。

 

映画のワンシーンのような、美しく荒々しい地形と水しぶき、迫力のサウンドは心揺さぶられる絶景です。近年では「パワースポット」としても人気を博しています。

 

また、吹割の滝近くにある県立尾瀬高校では、水質調査や渓谷を守る課外活動を行っています。

 


NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニングに登場

吹割の滝は、2000年に放送されたNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニングに起用されたことでも知られています。家康を津川雅彦さん、秀忠を西田敏行さん、家光を尾上辰之助さんが演じられた名作です。その悠々たる水の流れと吹割の滝の美しさは、岩代太郎氏の生み出すメロディーとともに、200年余にも及んだ徳川家の偉大さ、歴史、流れ行く戦国の儚さなど映し出しているかのような映像でした。放送が開始された頃、NHKには「オープニングの滝は、どこの滝ですか?」と問い合わせが殺到したそうです。

吹割の滝 散策マップと5つの名所

ここでは、観光バスツアーなどで一般的に散策されているルートの、5つの名所をご紹介します。

吹割の滝散策マップ

①吹割の滝 伽羅苑

吹割の滝伽羅苑

地下通路で安全に滝入口まで行ける

伽羅苑の店内は吹割の滝への入口通路になっており、道路を横断することなく、地下通路から吹割の滝へ行くことができます。伽羅苑から吹割の滝までは、徒歩でおよそ5分。観光バスのお客様の散策時間はおよそ25分~30分が目安です。

 

マイカーのお客様は伽羅苑の無料駐車場をお使いください。また滝にはトイレが少ないので、当店の広々お手洗いをご利用ください。


②千畳敷(せんじょうじき)

千畳敷

たたみ千畳分の広さ

吹割の滝の上流にみられる、たたみ千畳ほどの広さを誇る浅い河床で、美しくゆるやかな流れがみられます。このような平坦な地形は、川の浸食が進み勾配がゆるやかになると、河床(下面)よりも両岸(側面)を削る力が強く働くためにできる特徴的な地形です。

 


③吹割の滝

吹割の滝

迫力満点、東洋のナイアガラ

千畳敷を過ぎると、整備された遊歩道が一旦終わり、姿を現すのが吹割の滝。ここから900万年前に火山の噴火によってできたとされる巨岩の上を、実際に歩くことができます。足場が悪いですので、スニーカーや滑りにくい履きなれた靴がおすすめです。

吹割の滝の水量は、季節やそのときの天候などによって日々姿を変えますが、特に春先4月下旬~5月の新緑のころには、雪解け水によって水量が増え、一年の中でも迫力がさらに増す季節です。


④はんにゃ岩

はんにゃ岩

般若の大きな口に飲み込まれそう

吹割の滝を背にして、パッと振り向くと現れるのが「はんにゃ岩」です。大きな般若がこちらを睨み、今にもすべてを飲み込んでしまいそうな大きな口を開けて皆さんを待ち構えています。

 


⑤鱒飛の滝

鱒飛の滝

マスも飛べない激流

はんにゃ岩を抜けると、水の透明度がより感じられる美しい流れが続きます。そこに現れるのが「鱒飛の滝(ますとび)」です。産卵に帰ってきた鱒も、ここで止まってしまうほどの激流で、「マスが止まる→マスドメ→ますとび」と呼ばれるようになったそうです。


上毛かるたにも詠まれる吹割の滝

「上毛かるた」にも詠まれる、「滝は吹割 片品渓谷」

上毛かるたをご存知でしょうか?群馬で育った方ならば誰もが知っている、「上毛かるた」。

群馬県人(グンマー)に『た』の札はなぁに?、と聞けば、すぐさま「たきはふきわれ 片品けいこく!!」と即答されることでしょう。

上毛かるたは昭和22年に作られた、郷土かるたです。群馬県の子供たちは、小さいころから遊びの一つとして上毛かるたを覚え、小学校や地域の子ども会などでも教わります。絵札と読み札に分かれ、県内の自然や温泉、歴史上の人物や産業など、群馬の特徴が計44句、七五調で詠まれており、毎年各地で「上毛かるた大会」が開かれています。

上毛かるた「た」
上毛かるた「た」

吹割の滝と渓谷の美しさ、雄大さを詠んだ札です。絵札からも力強さを感じます。

県外からのお客様や、上毛かるたをご存知ない方にも、ぜひ知っていただきたい一枚です。

日本の滝百選(日本百名瀑)

群馬県では3つの滝がエントリー

吹割の滝は、「日本の滝百選」(日本百名瀑)にも選ばれています。「日本の滝百選」とは1990年に全国の一般公募により選定されたもので、群馬県内ではこの他に、草津町の「常布の滝」、渋川市の「棚下不動の滝」が選ばれています。