ふきわれ豆知識

バスガイドさんも必見!思わず話したくなる吹割の滝の豆知識

伽羅苑のある「追貝」は、日光の神様を追い返した場所だった!?

吹割の滝伽羅苑の位置する群馬県沼田市利根町追貝(おっかいと読みます)は、実は赤城山の神様が、日光二荒山の神様を追い返した場所だったと伝えられています。

その昔、赤城山の神(大蛇)と日光二荒山の神(大ムカデ)が領地をめぐり争いを繰り返していました。戦場の地となったのは、日光戦場ヶ原。しかし、赤城山の神様(大蛇)は、弓矢で大きな傷を負ってしまい、吹割の滝のあたりまで逃げてきます。体にささった矢を抜き地面にさすと、そこからなんと温泉が沸き上がりました。温泉のおかげで傷は癒え、ふたたび元気を取り戻した赤城山の神様は、追いかけてきた日光の神様を見事に追い返しました。湧き出た温泉は「追い神」温泉(のちの老神温泉)と呼ばれ、さらに伽羅苑の「追貝(おっかい)」の地名は「追い返す」→「追っ返す」→「追貝」が由来であるとされています。

 

また、毎年5月中旬に老神温泉で行われる大蛇祭りでは、ギネス世界記録にも認定された世界一長い大蛇のおみこしを担ぎ、赤城山の神様を祀る風習があります。

追貝の由来


「ふきわれ」「ふきわり」どっち?

地名として正式には「ふきわれ」が正しい読み方ですが、私たち地元の人は、吹割の滝のことを呼びやすいため単に「ふきわり」と呼んだりします。

 

吹割の滝
吹割の滝紅葉


なんで伽羅苑(きゃらえん)っていう名前なの?

吹割の滝のほとりで観光ドライブインを始めた当初、このあたりの名物としてフキを煮て伽羅蕗(きゃらぶき)にして売っておりました。

伽羅苑の「きゃら」は、きゃらぶきの「きゃら」からきています。おかげさまで、今もなお、群馬土産・吹割土産としてご愛顧頂いており、ロングセラー商品となりました。またお食事に香の物としてお出ししています。

 

吹割の滝に来たら、名物「伽羅苑のきゃらぶき」、ぜひ覚えてくださいね。

伽羅苑名物きゃらぶき